オンラインカジノ基本編

本場のカジノ場でのマナーやNG行為について

今は海外旅行に行くことも簡単になりましたよね。

お隣の韓国だったら日帰り旅行だって苦じゃないですし、カジノ場に気軽に入ることもできるようになりました。

しかし、カジノ場に入ったとしても多くの人が”記念に入ってみるだけ”でほとんどの人がカジノ場で眺めているだけに終わっています。その理由はルールが分からないためです。

韓国では日本語が喋れるディーラーも多くいるのですが、参加しないでただ眺めている人が多いです。

現地の言葉が分からないという理由ではなくルールが分からないから参加しづらいのです。

逆にカジノゲームのルールと言うのは世界共通ですから言葉が分からなくてもルールさえ分かれば流れで参加できるものです。

オンラインカジノでゲームのルールを覚えれば気軽に参加できるのです。もともとカジノゲームのルールと言うのは簡単ですが、やはり本やネットで勉強して覚えるよりも実際にプレイをしたほうが頭に入るものです。

ぜひオンラインカジノでルールが分かったらカジノ場に行って楽しみましょう。ここではカジノ場に行く時に気をつけなければいけない点や注意点、ルールを紹介していきます。

カジノ場でのNG行為

まず最初に知っておかないといけないのがカジノ場内でのNG行為です。

しっかりとルールを守ってカジノを楽しむようにしましょう。

写真撮影の禁止

カジノ場では防犯上の理由やプライバシーの観点から写真撮影は禁止されています。

カジノ内でカメラを出すと、すかさずスタッフが止めにきます。

しつこく写真を撮ろうとした場合は写真を削除してもらうことになりますし、出入り禁止となってしまいます。

逆の立場になって考えれば分かりますが、いきなりカメラを向けられたりするのは誰だって嫌ですよね。

日本人は旅行先で写真を撮るのが好きでインスタとかに上げたくなってしまうかもしれませんが我慢しなくてはいけません。

また、お店の外から撮影するのもNGです。

撮影しても問題ないエリアなどもありますので店員に聞いてみましょう。

一度置いたチップを置いたら触ってはいけない

ゲームで自分が勝利した場合であっても、ディーラーが勝った分を上乗せして返するまでは決して触ってはいけないというルールがあります。

さらにディーラーが「No More Bet(ノーモアベット)」という声がかかったら一切チップに触れてはいけません。これは自分のチップでもいけません。

さらにディーラーにチップを渡すことも現金をチップに変えて貰う際でも手渡しすることは禁止されています。

テーブルの上に置いた上でやり取りをすることなります。

不正防止やトラブル防止のためですので極力ベッド以外は触らないようにしてください。

過度に騒いだりしない

カジノ場は非日常ですし、さらに観光で気分が舞い上がっている人が多いです。

お酒が入ってギャンブルなどをすれば盛り上がってしまうのも分からなくもありません。

しかし、過度に騒いだり、他のお客の迷惑にあたるような行為は絶対に止めましょう。

すぐに警備員が来ます。カジノ運営側としては快適にゲームを楽しんでもらう為に騒ぎを起こした人を直ちに排除しようとします。

それに応じない場合は逮捕されてしまうこともあります。日本は謝れば許してもらえるかもしれませんが、海外では厳しく罰せられてしまうこともありますので他のお客さんの迷惑行為をしないようにしないと嫌な思い出となってしまいます。

とはいえ、他のお客さんの迷惑にならない程度の騒ぎだったらそこまで気にすることもないです。大いに笑って存分に楽しみましょう。

もし、行き過ぎた行為があれば、一度は警告を受けるのでその時にきちんと正せば良いだけです。

カジノ場のルール

カジノ場に入る前に知っておかなければいけない基本的なルールについて説明をします。

国や領・州によって年齢制限が違う

カジノ場は世界中にあります。そして国や領・州によって法律も変わっています。

オンラインカジノの場合は日本で利用する場合は基本は20歳以上からが多いですが、サイトによっては21歳と言うところもあります。

運営している国によって法律が違うためです。

カジノ場の場合でも年齢が18歳から入場できるところもあれば、場所によって25歳以上じゃないと入場できませんので必ず年齢が近しい人は確認して下さい。

自分が向かう国や州ごとに確認をしておかないと日本のパチンコやスロットと同じと思っていたら入場できないなんてことにもなりかねません。

18歳から入場可能19歳から入場可能21歳から入場可能23歳から入場可能
イギリス
イタリア
フランス
ドイツ(※場所によって25歳~と異なる)
韓国アメリカ
マカオ
シンガポール
フィリピン(セブ島)男性は21歳以上
女性が18歳以上
ベルギー(会員制)
ギリシャ

必ず確認をしておきましょう。

子供は入場不可

今は家族連れで海外に旅行する人も増えてきていますが、カジノ場は意外と思われるかもしれませんが、子供の入場は禁止されています。

日本でもパチンコやスロットの入場は禁止されているのと同じです。

例えば子供を常に抱っこしている状態であれば問題ないと勝手に解釈をしてしまっている人もいますが、それもいけません。

ギャンブルの場所に子供は入場してはいけないのです。

しかし、カジノ場に併設されているキッズスペースというものがあります。

このキッズスペースが併設されているのですが、必ずどちらか一方の親が見守る形でりようしなければいけないので注意してください。

カジノ好きであれば交代制で利用することも出来ますが、子供の入場は不可ということは覚えておきましょう。

ドレスコードの着用

今は大分緩くなったと言われていますが、それでも基本はカジノ場内はドレスコードは必要です。リゾートカジノであってもアロハシャツとサンダルでの入場は出来ません。

昔はスーツやドレスが必要でしたが、今はカジュアルスーツのようにジャケット一枚羽織るぐらいでしたら問題ないですし、ラスベガスなどではTシャツと長ズボン、スニーカーでも入店できることがほとんどです。

女性もちょっと高級レストランに入るぐらいの服装であれば入場は出来ます。

しかし、カジノといえば非日常空間ですよね。海外に行っているわけですからどうせならば思う存分衣装から入ったほうが良いと思います。

普段絶対着ないようなタキシードに身を包んだり、女性もドレスに身を包んだりしたほうがいよりその雰囲気を楽しめると思います。

お酒や食事・タバコについて

日本はかなりタバコに対して禁煙化が遅れていると言われています。また処罰もかなり軽いですよね。

世界中で禁煙化の流れになっていて愛煙家の肩身が狭くなってきている印象があります。

国や州でもまずほとんどの公共スペースでの喫煙は禁止されています。日本では分煙スペースがありますが、ほとんどの国で禁止です。

ではカジノ場はどうなのか?と言ったらカジノ場では比較的緩いです。

とはいえ食事を提供しないバーのみ喫煙が可能だったり、隔離された場所で喫煙が可能だったり、喫煙エリアと禁煙エリアが分けられていたりします。

国ではタバコは全面禁止でも例外的にカジノ場では禁止されていなかったりもします。

あまりにも禁止しすぎてしまうと顧客離れが進んでしまうと言うこと例外的に緩く設定されているので愛煙家の人も安心してください。

ですが、カジノ場によって場所もスペースも全然違いますし、中には全面禁煙のカジノ場もあるので必ず確認をしておきましょう。

まとめ

オンラインカジノでルールを覚えたら本場のカジノを楽しみたいと思う人は多いです。

海外旅行がより身近になったわけですから、カジノ場に足を運んでみてみましょう。

ルールをしっかりと守って他のお客さんの迷惑にならないようにして、事前に確認をしてから入場をすればステキな思い出となることは間違いないので楽しみましょう。