終電を気にしてあげる

会った時の対処方法として終電を気にしてあげることが大切です。とくに男性の方はあえてそのセリフを吐いてあげることが大切になってきます。

もし女性がじゃあそろそろと言ったらその時男性は素直にもっと一緒にいたいと思ったら「やっぱり帰っちゃいますか?」とか「もうちょっと一緒にいてくれませんか?」と“お願い”するようにしましょう。

ですが相手の終電を気にしないで終電を逃すような感じでやるのはやはり優しさに欠けるようになりますし、そういった一声をあえて発してほしいと誰もが思います。

もしこの後も女性のほうからもっと一緒にいたいと思ったらまだ大丈夫!って言ってくれたりなんだかんだで一緒にいてくれることでしょう。

たとえば都会のほうであれば終電を逆算してあげて余裕を持って終電の三十分ぐらいに言ってあげたりすることで相手に好感が持てます。

終電の後も一緒にいれるかどうかはその瞬間に決まるのではなくそれまでどれだけ相手に好印象を与えられるかどうかで決まるのです。

ましてやその次の日が仕事とかなら帰らなくてはいけませんのでそこを無理に引きとめても仕方がないものです。終電を気にしてあげないのは好感を下げてしまうことになります。

★まじめで安心の出会い★ ★若い人向けの出会い★ ★人気NO.1優良サイト★
ミントJメール ワクワクメール ハッピーメール